spacer
HOME>病院案内>病院理念

ごあいさつ

〜ご 挨 拶〜

近年、人々の飼育動物に対する意識の変遷と、予防獣医学や栄養学などの進歩により
飼育環境は著しく改善いたしました。
その結果、人と同様に動物の高齢化が進み、病気もガンや心臓弁膜症、慢性腎臓病(CKD)などの
慢性疾患などが多く見られるようになり、高度医療に対する需要が増加してきております。

当院では1993年青葉区梅が丘に『ベルジェ藤が丘動物病院』として開院した当初より、
QOL(Quality of life:生活の質)向上、安心安全な医療の提供を第一に考え、
インフォームドコンセント(Informed consent:説明と同意)に基づく治療の実践、
日常の食生活やしつけ方指導など、地域の一次病院として幅広く皆様のペットライフを
サポートしてまいりました。

2014年4月、青葉区つつじが丘への移転を機に名称を『ベルジェ動物病院』に改め、
今まで以上にベルジェの精神を遵守して『動物に優しく、確実な医療』を
実践できるよう努めております。

現在の獣医学分野では各専門医制度が十分に確立されてはおりませんが、
当院スタッフは、各自が興味のある専門分野に精進しており、
一次病院としてより高いレベルの医療を提供できるよう、スタッフ間で情報を共有し、得意分野、
専門分野を生かしたチーム医療をクライアントの皆様にご提供させていただいておりますので、
どうぞ安心して当院にお任せ下さい。
院長    


〜ベルジェ(Berger)とは〜

フランス語で「羊飼い」や「指導者」あるいは「導く者」などの意味があります。
羊飼いのように確実に、そして優しく動物達を見守る動物医療の専門家として、
良き指導者でありたいとの願いをこめて命名いたしました。
spacer

PAGE TOP