spacer
HOME診療科目>眼科

眼科

眼科の病気を疑う症状

・しょぼつき
・目やにがでる
・目が赤い
・目が白い
・物にぶつかる
・散歩にいきたがらない   など

眼科の症状には、オーナー様が見つけやすい病気と見つけにくい病気があります。
"目"だけの問題ではなく全身の基礎疾患(がん、感染症など)の合併症として
目に症状が見られる場合があるので、注意が必要です。

眼科でおこなう検査

スリット検査角膜、水晶体、硝子体などの状態を観察します。
シルマーティアー試験涙の分泌量を測定します。
フルオルセイン試験角膜の傷の有無を検査します。
眼圧測定緑内障など眼圧の変化を測定します。
眼底検査網膜の観察をします。
血液検査内分泌疾患や遺伝性疾患を検査します。
超音波検査眼球内の構造を観察します。


必要な治療

病気の種類や進行度により内科治療や外科治療が行われますが、基本は点眼治療です。
点眼行為はわんちゃんやねこちゃんにとっては怖いもの。眼科治療にはオーナー様の協力が不可欠です。
日頃から顔や目のまわりを触る練習をしておくとよいでしょう。
白内障手術など特殊な設備を必要とする外科手術の場合は、大学病院や専門医療機関を紹介いたします。


わんちゃんに多い病気
・角膜潰瘍
・白内障
・緑内障
・ドライアイ
spacer
ねこちゃんに多い病気
・角結膜炎
・角膜壊死症
・ぶどう膜炎


医療情報  
spacer

PAGE TOP