spacer
HOME診療科目>皮膚科

皮膚科

皮膚科の病気を疑う症状

・からだが痒い
・フケが出る
・毛が抜けて薄くなってきた
・耳から変な臭いがする   など

膿皮症よる表皮小環
小動物の皮膚疾患ガイドブックより

これらの症状が見られたら皮膚病の可能性があります。
痒みはわんちゃんねこちゃんにとって大きなストレスとなります。
皮膚病は内臓の病気が原因で起こっていることもありますので、
悪化する前にぜひ当院スタッフにご相談ください。

皮膚科でおこなう検査

スタンプ検査皮膚の一部にガラス片やセロハンテープを押し当てたものを染色して
そこにある細胞や細菌等を顕微鏡で検査する方法。
スクラッチ検査皮膚の一部を掻き取り毛穴に潜む寄生虫等を検出する方法。
抜毛検査毛を数本抜いて毛の状態を確認することでカビの感染や毛周期等を
検査する方法。
皮膚生検主に局所麻酔にて皮膚の一部を切り取って病理検査を行うこと。
犬種特異的な病気や免疫介在性の病気等の診断に役立ちます。
血液検査肝臓、腎臓の検査をはじめホルモン検査やアレルギー検査を行います。

これらの検査を用いて皮膚がなぜ悪くなったのかを検査致します。
原因がわからないままでは皮膚病はなかなか治りません。
一緒に原因を探しましょう。

マラセチア性皮膚炎による皮膚の肥厚
小動物の皮膚疾患ガイドブックより
外耳炎による耳介皮膚の肥厚
小動物の皮膚疾患ガイドブックより


アトピー・アレルギーを心配されているオーナー様へ

室内飼育のわんちゃんねこちゃんが増えた今、アトピー・アレルギーが原因と思われる痒みや脱毛
または下痢等で悩まれているオーナー様が非常に増えております。
様々なアレルギー用食を試しても良くならず、
どの食事をあげれば良いのか分からなくなっている飼主さんも多いのではないでしょうか?

①細菌や寄生虫の感染は伴ってないか? →皮膚科検査が必要
②本当に食事性のアレルギーがあるのか? →除去食試験が必要
            →これらの基本的な鑑別は出来ているでしょうか?

痒みだけを押さえても結局薬を止めたら再発しますし、全身的な副作用も心配です。
地味で時間はかかりますが、①②等の鑑別し、治療を行うことは将来的に非常に有益です。
皮膚病の治療に近道はありません。
急がば回れの精神で焦らず一つずつ問題を解決していきましょう。
詳しくは当院のスタッフにお気軽にご相談ください。

食物アレルギーによる眼瞼周囲炎と色素沈着
小動物の皮膚疾患ガイドブックより
アトピー性皮膚炎による趾間炎
小動物の皮膚疾患ガイドブックより



わんちゃんに多い病気
・膿皮症
・マラセチア性皮膚炎
・ノミアレルギー
・アトピー性皮膚炎
・食物アレルギー性皮膚炎
・疥癬
・ニキビダニ症
・皮膚糸状菌症
spacer
ねこちゃんに多い病気
・ノミ感染
・耳ダニ症
・疥癬
・皮膚糸状菌症
・好酸球性皮膚炎
・非ノミ非食事性皮膚炎
 (アトピー性皮膚炎)


医療情報 
spacer

PAGE TOP