spacer
HOME>健康診断

健康診断


言葉を話す事ができない動物たちは、病気になっても明らかな症状がでるまで気付かれないことも多く、
病気が発覚したときはすでに手遅れになっている、ということも少なくありません。
元気に長生きできるように、1年に1回は健康診断をお勧めします。

一人一人によって必要な検診内容は異なります。
獣医師と相談の上、その子にあった健康診断をしましょう。

検査項目


診察
(一般身体検査)
口腔内から爪先まで、全身を視診・触診します。
体重・体温測定、聴診も含みます。
血液検査貧血、肝臓や腎臓の異常など、内蔵の機能を調べます。
尿検査膀胱炎や尿路結石、腎臓の異常などの早期発見に役立ちます。
朝一番の尿を午前中にお持ちいただくと、一番正確な値がでます。
便検査寄生虫の検出や腸内環境を調べるのに役立ちます。
レントゲン検査胸の病気(気管虚脱・肺腫瘍・心臓病など)の検出、
おなかの中の腫瘍、骨や関節の異常の検出などに役立ちます。
超音波検査心臓の精密検査、おなかの各臓器の精密検査ができます。
肝臓や脾臓の小さな腫瘍、胆泥症、膀胱結石などの検出に役立ちます。
内視鏡検査手術をせずに胃や腸など消化器の内側(粘膜)を直接観察します。異常が見つかれば組織サンプルを採取して病理検査を行います。

その他の検査
心電図検査、血圧測定、ホルモン検査、細胞検査なども必要に応じて行うことができます。
その他気になることがあれば何でもご相談ください。
spacer

検診目安

最低限、下記の検査をおすすめします。

 若齢期
(1才未満)
壮齢期
(1〜7才未満)
シニア期
(7才以上)
診察
(一般身体検査)
血液検査
尿検査 
便検査  
レントゲン検査  
超音波検査  

spacer

検査の受付と準備について

○血液検査、レントゲン検査や超音波検査などの画像検査は、
 朝食を抜いて(8時間以上の絶食)午前中の来院をお勧めいたします。
○検査の受付は診察受付時間と同じですが、午後の検査受付は18時で終了いたします。
○検査の内容により時間がかかる場合がありますので、事前に獣医師との打ち合わせをお願い致します。
 (例:消化管造影検査などは半日以上かかることがあります。)
○ご来院の際は時間にゆとりを持っていらしてください。
spacer

PAGE TOP